広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 最終回 マスコミ掲載必勝の方程式、そしてあなたはブランドになる

広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法
最終回 マスコミ掲載必勝の方程式、そしてあなたはブランドになる

最後の最後にまとめます。

何度でもマスコミに載り、売れ続ける方法、それは、マスコミをあなたのファンにし、お客様をあなたのファンにすることです。
マスコミに応援してもらい、お客様に応援してもらうことです。

そのためにはどうすればいいか?じっと待っていても誰も応援してはくれません。
まずこちらから応援することです。こちらからマスコミを応援し、こちらからお客様を応援することです。

そのためにはどうすればいいか?ここで、すべての原点・大原則に戻りましょう。
世の中の役に立つ商品サービスを開発し、提供し、そしてその商品サービスがどのようにお客様の役に立つのか、徹底的に周知することです。
それが、マスコミに役立つ情報を提供することになり、お客様に役立つ商品サービスを届けることになります。
それが、マスコミを応援し、お客様を応援することになります。

『応援する者が応援される』これが世の中の真理です。

自分は何もせずに自分だけ応援されることはありえません。いっときそんなことがあったとしても決して長続きしません。
まず自分から動くのです。

ところが、世の中の大多数の企業が、世の中の役に立つ商品サービスを開発し、提供し、
そこまではやるのですが、そこからをやらないのです。せっかくそこまでやっておいて『徹底的に周知』はしないのです。
『世の中に知られなければどんなに良い商品サービスもないのと同じ』です。

「広告宣伝費がないからできない」
もちろんそうでしょう。だからこそ、無料でできるプレスリリースをお勧めしてきました。無料でできるLINE公式アカウントもやりましょう。無料でできるYOUTUBEもやりましょう。若い人がお客様なら無料でできるINSTAGRAMもやりましょう。

やっていますか?

私が言っているのは『徹底的にやっていますか?』ということです。
世の中の企業や個人が毎日大量に情報発信しています。徹底的にやらなければ埋もれてしまいます。

マスコミ掲載必勝の方程式は、
もとネタ✕ネタの魅せ方×情報発信量(人数×頻度)です。

ほとんどの人は、この情報発信量が足りません。1回だけプレスリリースして『やっぱり載らなかった』といってすぐにあきらめてしまいます。

そりゃ載らないはずです。

皆さん、徹底的にターゲット(ペルソナ)を追究し、ターゲットにマッチするメディア・記者さんを突き止め、彼らが思わず取材したくなる魅力的な魅せ方を探究し、そして、何度も手を変え品を変えプレスリリースを送っていますか?
それをやり続けることが、マスコミとお客様を応援することになります。マスコミが欲しがる情報、お客様が欲しがる商品サービスを届けることになるからです。

だから、それをとことんやり続ければ必ず載ります。

それをやり続けるのはあなたの義務です。責任です。使命です。
なぜなら、企業がやるべきことは、世の中に役に立つ商品サービスを開発し、提供することだけではないからです。その上にその商品を欲しがるお客様に届けるところまでやって初めて企業の使命が全うされます。
あなたは、あなたの義務として、責任として、使命として、あなたの商品サービスをマスコミに届け、お客様に届け、やるべきことを最後まで全うしてください。

そして、あなたはマスコミとお客様に応援されるようになります。マスコミとお客様はあなたのファンになります。あなたはマスコミの常連となり、あなたの商品は売れ続けます。

そしてあなたは『ブランド』になります。

このシリーズはいったん終了します。

次回から、新シリーズ「マスコミに何度でも載り、売れ続けるブランドになる方法(仮題)」をスタートします。
ご期待ください。

よろしければ、お得な情報や特典をお届けしているLINE公式アカウントにご登録ください。
お手続きは、下記ボタンからお願いいたします。

LINE公式アカウントはこちら

関連記事

  1. セミナー白板右指差し

    広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法2 プレスリリー…

  2. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 3…

  3. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 16 戦略整…

  4. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 34 …

  5. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 29「あ…

  6. セミナー白板右指差し

    広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法3 マスコミに…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。