広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法4 マスコミに載る6つの条件

セミナー白板右指差し

広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法

4 マスコミに載る6つの条件

掲載されるネタには、6つの条件があります。以下の6つです。

①Surprise(意外性・希少性・独自性)
②News(時流性・季節性)
③Social(社会性・公共性)
特にこの3つが大切です。これがないとなかなかマスコミには相手にされません。
そして、この3つのどれかに次の条件が加わると鬼に金棒です。それは、
④Drama(ドラマ性・人間性)
残り2つの条件は
⑤Local(地域性)               
⑥Merit(実利性)
 この条件のうちどれかひとつでもあてはまれば、マスコミに載る可能性があります。どれにもあてはまらなければ載る可能性は低いと思います。
 これからこの6つの条件についてそれぞれ解説していきますが、その前にこの6つの条件を体感的に理解するためクイズに挑戦していただきたいと思います。

 さて、以下は私が書いたプレスリリースのタイトル(見出し)です。これらのプレスリリースは実際にマスコミに掲載されたでしょうか?それともされなかったでしょうか?そう判断した理由とともにお答えください。
 
「キッザニア甲子園に世界で初めて介護福祉士体験ができるパビリオンを出展」

 正解は、掲載されました。その理由は①のSurprise(意外性・希少性)です。「世界初」と言えるようなネタは強力です。事実であるという裏付けがあれば、マスコミに掲載される確率は高まります。その上、③のSocial(社会性・公共性)という条件にもあてはまっています。介護人材不足が深刻であり、大きな社会問題になっているからです。介護の仕事を志す子どもたちがひとりでも増えれば、社会課題の解決に役立ちます。

「新型コロナウイルス感染拡大を受け、LINEを使ったオンライン診療を導入」

これも掲載されました。その理由は②のNews(時流性・季節性)です。おそらく当分「新型コロナウイルス」関連のネタは間違いなくマスコミに注目されます。社会的影響が大きいからです。ましてや「オンライン診療」です。③のSocial(社会性・公共性)という条件にもあてはまります。医療崩壊を防止するためにはコロナ以外の通常診療の効率化は避けて通れません。

「食の健康志向、安全志向、節約志向に向け秋の新商品発売」

 これは掲載されませんでした。一見「食の健康志向、安全志向、節約志向」と書いてあるので、②のNews(時流性・季節性)にあてはまるようにも思えます。が、具体的な事実(ファクト)がないため、インパクトに欠けるのです。これではマスコミの記者さんの関心を惹くことはできません。

「障がい者福祉事業を拡大展開、第1弾は捨て犬・捨て猫を救い、空き家活用するグループホーム」

 これは掲載されました。③Social(社会性・公共性)があるからです。コロナ禍もあり、世間はペットブームに沸いています。一方で捨て犬・捨て猫が問題化し、殺処分も激増しています。また、空き家問題が深刻化しつつあり、各地でゴミ屋敷や廃屋が放置されてます。今回の取り組みは、少しでもこれらの社会問題の解決に役立てばという趣旨であり、マスコミ受けするトピックスです。

「出入国管理法改正に先駆け、介護業界で外国人受入を拡大中」

 これは掲載されませんでした。介護人材不足の解決になるので、③Social(社会性・公共性)にあてはまります。私自身も掲載されるだろうと期待していたのですが、意外に反応がありませんでした。おそらく外国人受入を積極的に進めている企業は他にも少なくありませんので、①のSurprise(意外性・希少性・独自性)が無かったのだろうと考えています。

「減塩食品アワードで金賞、読者プレゼント」

 これは掲載されました。「食の健康志向」というトレンドにマッチし、②のNews(時流性・季節性)という条件に当てはまるので、掲載される自信がありました。ところがP新聞の記者からは、「『減塩食品アワード』なんて誰も知らない。ネタとしては弱い」と言われました。そこで、「読者プレゼントします」と⑥のMerit(実利性)をアピールし、何とかた掲載に至りました。

「新型コロナウイルス感染拡大、アルコール消毒液不足、除菌用の強酸性水を地域に無料で配布」

 これも掲載されました。もちろん、「新型コロナウイルス関連」なので、②のNews(時流性・季節性)に当てはまります。「アルコール消毒液不足の解消」なので、③のSocial(社会性・公共性)もあります。さらに「地域に無料配布」なので、⑤Local(地域性)もあります。これで地域NO1発行部数を誇る地方新聞に載らないわけがありません。

「テレビ局勤務の経験生かし、『介護の仕事』を発信へ奔走、働き方や取り組みをありのままに紹介」

 これも掲載されました。もちろん、介護人材不足という背景が③のSocial(社会性・公共性)の条件に当てはまったことがきっかけです。が、もっとも大きな要因は、④のDrama(ドラマ性・人間性)だったと考えています。この記事の主人公は、もと私の部下だった広報担当者でした。彼女の「介護という仕事の素晴らしさをもっと知ってもらいたい」という想いが、マスコミの記者さんの心を動かしたと確信しています。想いは通じるのです。

次回に続けます。

よろしければ、お得な情報や特典をお届けしているLINE公式アカウントにご登録ください。
お手続きは、下記ボタンからお願いいたします。

LINE公式アカウントはこちら

関連記事

  1. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 16 戦略整…

  2. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 31 …

  3. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 35…

  4. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 34 …

  5. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 33 …

  6. 広告宣伝費ゼロでマスコミに載る広報マーケティングの方法 20 戦略…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。